Gå videre til indhold

Guidebook for 中頭郡

Kazunori

Guidebook for 中頭郡

Food Scene
7
lokale anbefaler
Rose Garden
7
lokale anbefaler
Cafe Green Green
ローストチキンとメキシカンフードのカフェ お子様連れも安心です。徒歩1分。 月、水-日、祝日、祝前日: 11:00-18:00 (料理L.O. 18:00 ドリンクL.O. 18:00) 【店内飲食時間】 11:00~18:00(L.O.18:00) 【テイクアウト時間】※お持ち帰り受付時間。売り切れ次第終了とさせていただきます。事前予約で店内飲食も可能◎ 11:00~20:00(L.O.18:00)
Marisol Cafe
ローストチキンとメキシカンフードのカフェ お子様連れも安心です。徒歩1分。 月、水-日、祝日、祝前日: 11:00-18:00 (料理L.O. 18:00 ドリンクL.O. 18:00) 【店内飲食時間】 11:00~18:00(L.O.18:00) 【テイクアウト時間】※お持ち帰り受付時間。売り切れ次第終了とさせていただきます。事前予約で店内飲食も可能◎ 11:00~20:00(L.O.18:00)
オキナワンスムージーとパンケーキのお店。 フルーツや、野菜たっぷりのメニューです。 トロピカルフルーツスムージー、トロピカルフルーツパンケーキが人気です。 11:00~16:00 日曜休み ブランチに。
Poka Poka Parlor
オキナワンスムージーとパンケーキのお店。 フルーツや、野菜たっぷりのメニューです。 トロピカルフルーツスムージー、トロピカルフルーツパンケーキが人気です。 11:00~16:00 日曜休み ブランチに。
沖縄近海で獲れた色とりどりの新鮮な魚がずらりと並ぶパヤオ直売店は、海外からの観光客も多く集まる魚市場です。併設された食堂では、パヤオ直売店で購入した魚介類を調理してもらえるので、獲れたてで新鮮な魚をすぐに味わう事が出来ます。 食堂では、伊勢海老やウニ丼、イマイユ(鮮魚)のバター焼き、その場で握ってもらえるにぎり定食や、揚げたての天ぷらなど、多彩で豊富な海鮮メニューが揃っています。 また、弁当販売もしており、食堂メニューに引けを取らない、リーズナブルで美味しい弁当も地元の人にとても人気があります。獲りたて新鮮な魚介類を、パヤオ直売店でぜひお楽しみください。
18
lokale anbefaler
Fish Market Payao
18
lokale anbefaler
沖縄近海で獲れた色とりどりの新鮮な魚がずらりと並ぶパヤオ直売店は、海外からの観光客も多く集まる魚市場です。併設された食堂では、パヤオ直売店で購入した魚介類を調理してもらえるので、獲れたてで新鮮な魚をすぐに味わう事が出来ます。 食堂では、伊勢海老やウニ丼、イマイユ(鮮魚)のバター焼き、その場で握ってもらえるにぎり定食や、揚げたての天ぷらなど、多彩で豊富な海鮮メニューが揃っています。 また、弁当販売もしており、食堂メニューに引けを取らない、リーズナブルで美味しい弁当も地元の人にとても人気があります。獲りたて新鮮な魚介類を、パヤオ直売店でぜひお楽しみください。
Sightseeing
中村家住宅は、19世紀初期頃に建てられたといわれる豪農の住宅で、建築構造は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れを伝えています。各部には特殊な手法が加えられ、士族屋敷の形式に農家の形式である高倉、納屋、畜舎などが付随しており、沖縄の住居建築の特色をすべて備えもっています。屋敷は、南向きの緩い傾斜地を切り開いて建てられており、東、南、西を琉球石灰岩の石垣で囲い、その内側に防風林の役目をもつフクギを植え、夏場の台風に備えていました。(国指定重要文化財) The Nakamura House is believed to have been built in the early 19th century as the home of a wealthy farmer. The construction method is strongly reminiscent of the architectural style of the Kamakura and Muromachi periods (1185-1568). Special details were added everywhere, with farmhouse annexes to the samurai-style main house, such as a high-floored warehouse, a storage shed, and animal pens. All structures show the unique features of Okinawa's residential building style. The house was built on land cleared upon a gentle, south-facing slope. It is surrounded on the east, south, and west by walls made of Ryukyu limestone. along the inside of which are planted Fukugi trees that serve as a windbreak to protect the house from the seasonal typhoons.(National Important Cultural Property) ●営業時間  ・午前9時~午後5時30分まで(年中無休) ●観覧料  ・大人、大学生:500円(団体450円)  ・中、高校生:300円(団体270円)  ・小学生:200円(団体180円) 編集
7
lokale anbefaler
中村家住宅 Nakamura Residence
7
lokale anbefaler
中村家住宅は、19世紀初期頃に建てられたといわれる豪農の住宅で、建築構造は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れを伝えています。各部には特殊な手法が加えられ、士族屋敷の形式に農家の形式である高倉、納屋、畜舎などが付随しており、沖縄の住居建築の特色をすべて備えもっています。屋敷は、南向きの緩い傾斜地を切り開いて建てられており、東、南、西を琉球石灰岩の石垣で囲い、その内側に防風林の役目をもつフクギを植え、夏場の台風に備えていました。(国指定重要文化財) The Nakamura House is believed to have been built in the early 19th century as the home of a wealthy farmer. The construction method is strongly reminiscent of the architectural style of the Kamakura and Muromachi periods (1185-1568). Special details were added everywhere, with farmhouse annexes to the samurai-style main house, such as a high-floored warehouse, a storage shed, and animal pens. All structures show the unique features of Okinawa's residential building style. The house was built on land cleared upon a gentle, south-facing slope. It is surrounded on the east, south, and west by walls made of Ryukyu limestone. along the inside of which are planted Fukugi trees that serve as a windbreak to protect the house from the seasonal typhoons.(National Important Cultural Property) ●営業時間  ・午前9時~午後5時30分まで(年中無休) ●観覧料  ・大人、大学生:500円(団体450円)  ・中、高校生:300円(団体270円)  ・小学生:200円(団体180円) 編集
中城城は、北中城村から中城村にわたる標高167メートルの高台に、東北から南西にほぼ一直線につらなる6つの城郭からなる城で、琉球王国時代に築城家として知られる護佐丸が、勝連半島で勢力を伸ばしていた阿麻和利に対する備えとして、読谷の座喜味城から移されて築いた城だといわれています。自然の地形を巧みに利用した美しい曲線の城壁に囲まれ、一の郭と二の郭は「布積」、三の郭と西北側の郭は「あいかた積」と呼ばれる手法で築かれており、その築城技術は高く評価されています。当時の琉球は、沖縄本島南部の佐敷から興った第一尚氏によって、国家が統一されていく過程にあり、その最終段階でこの城が果した役割は大きいものがありました。護佐丸の滅亡後、この城がどのような使われ方をしたのかについては定かではありませんが、第二尚氏になると中城の領地が王の直轄領となっていたことからすると、中城城は王子の居城としてしばらく使われていた可能性も高いといわれています。平成12年12月、中城城跡を含む「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が国内11番目の世界遺産として登録されました。世界に誇る歴史遺産を、私たちは大切に守り伝えていかなければなりません。 A world heritage site with a story Nakagusuku Castle The remains of Nakagusuku Castle stand on a plateau 167 meters above sea level, stretching between the villages of Kitanakagusuku and Nakagusuku. The castle is comprised of six sections, known as citadels, that are situated in roughly a straight line from northeast to southwest. It was built as a fortress against the growing power of Lord Amawari in the Katsuren Peninsula by Lord Gosamaru, renowned for building castles in the kingdom of the Ryukyus, after his move from Zakimi Castle, which he built in Yomitan. Enclosed by beautifully curved castle walls that follow the natural contours of the land, the first and second citadels were built in the "nunozumi"style, while the third citadel and northwest citadel were built in the "aikatazumi"style, the former orderly and the latter rough. The resulting fortification is highly regarded.  The Ryukyus in that period of time were in the process of unification by the first Ryukyuan king, Shoshi, who hailed from Sashiki in the southern part of the main island of Okinawa. This castle played an important role in the final stages of that drive toward unification. It is unclear how the castle was used after the demise of Gosamaru, but by the time of the second king the territory of Nakagusuku was under the direct control of the king, so it is very likely that Nakagusuku Castle was used as the king's castle.  In December 2000, the "Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu," which include Nakagusuku Castle, officially became the eleventh World Heritage Site in Japan. We will do everything we can to preserve this wonderful historical asset. ●観覧時間  ・午前8時半~午後17時(5月~9月:午前8時半~午後18時) ●観覧料  ・大人:400円(団体300円)  ・中、高校生:300円(団体200円)  ・小学生:200円(団体100円) ※保護者が同伴する小学校就学前の子供は無料 ●駐車場  ・無料
6
lokale anbefaler
Nakagusuku Castle Ruins Parking
6
lokale anbefaler
中城城は、北中城村から中城村にわたる標高167メートルの高台に、東北から南西にほぼ一直線につらなる6つの城郭からなる城で、琉球王国時代に築城家として知られる護佐丸が、勝連半島で勢力を伸ばしていた阿麻和利に対する備えとして、読谷の座喜味城から移されて築いた城だといわれています。自然の地形を巧みに利用した美しい曲線の城壁に囲まれ、一の郭と二の郭は「布積」、三の郭と西北側の郭は「あいかた積」と呼ばれる手法で築かれており、その築城技術は高く評価されています。当時の琉球は、沖縄本島南部の佐敷から興った第一尚氏によって、国家が統一されていく過程にあり、その最終段階でこの城が果した役割は大きいものがありました。護佐丸の滅亡後、この城がどのような使われ方をしたのかについては定かではありませんが、第二尚氏になると中城の領地が王の直轄領となっていたことからすると、中城城は王子の居城としてしばらく使われていた可能性も高いといわれています。平成12年12月、中城城跡を含む「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が国内11番目の世界遺産として登録されました。世界に誇る歴史遺産を、私たちは大切に守り伝えていかなければなりません。 A world heritage site with a story Nakagusuku Castle The remains of Nakagusuku Castle stand on a plateau 167 meters above sea level, stretching between the villages of Kitanakagusuku and Nakagusuku. The castle is comprised of six sections, known as citadels, that are situated in roughly a straight line from northeast to southwest. It was built as a fortress against the growing power of Lord Amawari in the Katsuren Peninsula by Lord Gosamaru, renowned for building castles in the kingdom of the Ryukyus, after his move from Zakimi Castle, which he built in Yomitan. Enclosed by beautifully curved castle walls that follow the natural contours of the land, the first and second citadels were built in the "nunozumi"style, while the third citadel and northwest citadel were built in the "aikatazumi"style, the former orderly and the latter rough. The resulting fortification is highly regarded.  The Ryukyus in that period of time were in the process of unification by the first Ryukyuan king, Shoshi, who hailed from Sashiki in the southern part of the main island of Okinawa. This castle played an important role in the final stages of that drive toward unification. It is unclear how the castle was used after the demise of Gosamaru, but by the time of the second king the territory of Nakagusuku was under the direct control of the king, so it is very likely that Nakagusuku Castle was used as the king's castle.  In December 2000, the "Gusuku Sites and Related Properties of the Kingdom of Ryukyu," which include Nakagusuku Castle, officially became the eleventh World Heritage Site in Japan. We will do everything we can to preserve this wonderful historical asset. ●観覧時間  ・午前8時半~午後17時(5月~9月:午前8時半~午後18時) ●観覧料  ・大人:400円(団体300円)  ・中、高校生:300円(団体200円)  ・小学生:200円(団体100円) ※保護者が同伴する小学校就学前の子供は無料 ●駐車場  ・無料
Parks & Nature
中城にある巨大な公園は大人から子供まで楽しめる公園です。 おそらく沖縄 NO.1 の無料の公園ではないでしょうか!
Nakagusuku Park Playground South
中城にある巨大な公園は大人から子供まで楽しめる公園です。 おそらく沖縄 NO.1 の無料の公園ではないでしょうか!
緑と海と太陽をテーマにスポーツゾーン・森と水のゾーン・海浜ゾーンにエリアが分かれた広域公園です。公園面積70.4haの広大な敷地の園内には季節感にあふれた四季折々の多様な樹木や花木が多くあります。 公園内への入り口は7か所あり、利用する施設・場所に近い駐車場の利用が可能です。 公園北側には日本陸連第一種公認の陸上競技場を初めとする6つのスポーツ施設があり、公園南側は、サイクルセンターや望水亭、オートキャンプ場があります。また、緑や水辺など市街地とは思えないのどかな雰囲気で豊かな自然を楽しむ事ができ、夏場は全長100mを誇るウォータースライダー2つを有するレクリエーションプールがオープンし、休日は多くの家族連れで賑わいます。 スポーツのみならず、レジャーや文化交流等を含めた複合的機能を有する沖縄県内最大級の総合運動公園として幅広く多くの県民に親しまれています。
Okinawa Comprehensive Park Recreational Swimming Pool
緑と海と太陽をテーマにスポーツゾーン・森と水のゾーン・海浜ゾーンにエリアが分かれた広域公園です。公園面積70.4haの広大な敷地の園内には季節感にあふれた四季折々の多様な樹木や花木が多くあります。 公園内への入り口は7か所あり、利用する施設・場所に近い駐車場の利用が可能です。 公園北側には日本陸連第一種公認の陸上競技場を初めとする6つのスポーツ施設があり、公園南側は、サイクルセンターや望水亭、オートキャンプ場があります。また、緑や水辺など市街地とは思えないのどかな雰囲気で豊かな自然を楽しむ事ができ、夏場は全長100mを誇るウォータースライダー2つを有するレクリエーションプールがオープンし、休日は多くの家族連れで賑わいます。 スポーツのみならず、レジャーや文化交流等を含めた複合的機能を有する沖縄県内最大級の総合運動公園として幅広く多くの県民に親しまれています。
Arts & Culture
北中城村民以外は貸し出しできませんが、中でゆっくり読書、DVD鑑賞が無料でできます。
Kitanakagusuku Village Ayakari no Mori Library
北中城村民以外は貸し出しできませんが、中でゆっくり読書、DVD鑑賞が無料でできます。
Shopping
沖縄県内最大級のリゾート型ショッピングモール。 「リーゾートイオン沖縄ライカム」 車で5分のところにあります。 ショッピングはもちろんお食事、ATM、両替、レンタカーまで何でも揃います。毎日無料コンサートもあります。 インフォメーションセンターにご相談ください。
Kojima x Bic Camera
沖縄県内最大級のリゾート型ショッピングモール。 「リーゾートイオン沖縄ライカム」 車で5分のところにあります。 ショッピングはもちろんお食事、ATM、両替、レンタカーまで何でも揃います。毎日無料コンサートもあります。 インフォメーションセンターにご相談ください。
Essentials
EMスパコラソン沖縄
Family Mart
Getting Around
徒歩7分。
渡口バス停
徒歩7分。